石川県中学硬式野球チーム
金沢河北ボーイズ

11月23日に、
第2回ラダー測定会を開催しました。

前回測定したのが
10月28日でしたので、
約1か月後の測定会開催でした。

測定会を行う目的は、

「タイムを計ることで、見える化にする」

「見える化にすることで数値目標を立てることが出来る」

「数値目標を立てることで目標ができ、モチベーションの維持につながる」

「定期的に測定会を行うことで、自分の成長を実感し、更なるモチベーションの向上につながる」

「タイムが伸びない場合は、練習の見直しができる」

「選手間での競い合いの気持ちが生まれる」

です。

金沢河北ボーイズの
ラダー測定会のやり方は、下記の動画の様に行っています。

 

・行きでラダー2種類を行う

・マーカーでターンを行い、帰りはダッシュでゴール

・片道28メートルの往復タイムを計測する

・これを2セット行い、合計タイムを記録とする。

今回の測定会での
金沢河北ボーイズの選手達の

タイム伸び率が半端ないです。

選手5人ともタイムがアップしました。

一番タイムが伸びた選手が、
4.24秒アップ

チーム全体での伸びも
15.55秒も縮めることができました。

正に脅威的な伸び率です!!

 

金沢河北ボーイズでは、
ラダートレーニングを重要視しています。

なぜなら

ラダーには、
運動能力を高める効果があるからです。

運動能力が高くなる
イコール
野球の競技力向上にもつながると考えています。

やり方としては、
6種目のラダーを
練習間の休憩から練習に移る時に
1種目を1往復行う様にしています。

だから、

ラダーのみの練習時間は取っていません!

理由としては、

ダラける・飽きてしまう=能力が身につかない

と考えているからです。

選手達には
ラダートレーニングというより

次の練習の為のアップ感覚
で1種目を全力で行ってもらっています。

6種目をまとめて全力でやるより

1種目を分けて全力でやる方が

気持ち的にも体力的にも楽ですよね!

辛くてキツイ練習は、

ただ こなすだけ になりがちです。
それでは上達しませんよね?

金沢河北ボーイズでは、

技術や能力を身に付ける為には

正しく行うこと

正しく行う為には、

如何に楽に、そして楽しく行う

かが大切だと思っています。

 

※体験者随時募集中

金沢河北ボーイズは、現在土・日・祝日に活動を行っています。お気軽に下記の問い合わせまでご連絡下さい。

※体験申し込み・お問い合わせ
076-287-6677(一般社団法人地域スポーツシステム研究所 山内)