未分類

野球のバッティング 母指球ターンの間違い

私は、体験に来ていただいた子に必ず聞くことがあります。
それは、

「体重移動って知ってる?」

と聞くと

ほとんどの子が
右バッターであれば、右足から左足に体重を移すことです。
と答えてくれます。 正解です。
もう少し付け加えるならインパクトの瞬間に体重を移すことです。

しかし、スクールに来るほとんどの子がこのように体重移動が出来ていません・・!

その多くの理由が多くの指導者が
母指球ターンするように指導しているからのようです。

 

私は母指球ターンは良くないと考えています。
それなのに、母指球ターンを指導している指導者が多いのは
なぜなのかは私にはわかりません。

私の推測ですが、フィニッシュの際に母指球で踏ん張っている様に見えるからなのかなと思います。

あなたにもぜひ見て欲しいんですが
プロ野球選手やメジャーの選手は母指球ターンはしていません!
実際には、つま先が地面につく程度または、宙に浮いています!

 

母指球ターンすると体重移動ができない。回さない。

宙に浮いて前に体重を移動しています。

母指球ターンによる弊害はたくさんあります。

①体の開きが生まれる

母指球ターンをすることで、股関節が回転するため上半身の開き(胸が投手方向に向く)が早くなります。 そのことで、バットの芯が右バッターであれば右肩から離れ外回り(アウトサイドイン)の軌道になってしまいます。

②体重移動が出来ない為、打球が飛ばない

遠投をイメージしてください!
遠投をするときに、右投げの場合はボールを投げる際に、

①右足を前に出しながら投げる
②右足を前に出さずに投げる

①と②どちらの方が遠くに投げれますか?
実際にやって貰えれば分かると思いますが、①の方が遠くに投げれます。
要するに体重移動をして投げる①と体重移動をしていない②の違いです。
バッティングも同じです。
母指球ターンで体重移動しないより、軸足のつま先を立ててインパクトを迎えた方が打球は飛びます。

③回転不足になりがち

母指球で回転することで、体重が後ろに残り過ぎることで、軸足にブレーキがかかり、体を回転させることが出来ません!
インパクト時には軸足を後ろではなく前足(投手側の足)にすることで、頭から前足が一直線となり、軸が出来ます。この前足の軸を中心に体を回転することが出来ます。

体重移動したいならば、母指球ターンをしないことからはじめてみましょう。

動画⇊⇊
https://youtu.be/-OyfoCVxRTE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です