野球上達法

低学年が身につけるべきバッティング技術って何?

バッティングに求めること

私が野球を始めたばかりの子や低学年に一番求めることは、思いっきりバットを振ること(フルスイング)です。
技術がどうこうよりまず打球が遠くに飛ぶ楽しさ!これがバッティングの楽しさだと思います。バッティングの楽しさを知ってもらい、野球って面白い!楽しい!打球がどんどん飛んでいくから練習が楽しいって思ってもらえることが大切だと考えます。
その次にもっと遠くに飛ばしたい!うまくなりたい!てなった時に細かな指導を行えばいいと思います。

日本の野球はおかしい

しかし、多くの日本の指導者は低学年の選手、野球を始めたばかりの子に対しても、試合に勝つためのバッティング指導を行なっています…。 ゴロを打てば出塁出来る可能性が高いからゴロを打て、右打者であれば進塁打のために右方向へのバッティング、バント、バスターなど…全ては勝つため! ここにこだわり過ぎていると思います。もっとバッティングの楽しさ(野球の楽しさ)を伝えて欲しい!勝つことよりも大切なことがあると思います。 これが野球人口を増やす1つのきっかけにもなると思います。

子ども達は飛ばしたがっています!

スクールには小学生から中学生まで多くの選手が来ています。その多くの選手が高性能バット(ビヨンドマックスやブラックキャノンなど)を持っています。 そしてその選手達になんでそんな飛ぶバット使っているの?って聞くと「飛ばしたいもん」「ホームラン打ちたいから」と答えてくれます。選手達はやっぱり飛ばしたいんです。

勝ちを優先するのか、楽しさを優先するのか

これは指導者の方針だと思います。ただ私は低学年や、野球をはじめたばかりの子には楽しさ優先が良いと思っています。楽しいことには夢中になれます。楽しさの中で壁にぶつかっても、きっと乗り越えられるでしょう。子どもの時に壁を乗り越えるという経験は財産になります。
逆に楽しくないことを何となくしていても、押し付けられてやっている気持ちがどうしてもあります。どこか乗りきれない気持ちがあります。少しずつ野球が楽しくなりますが、少し違います。考える力も下がります。壁の乗り越え方も違ってきます。

低学年に求めるバッティングは楽しいバッティング

フルスイングこそ野球の楽しさの原点です。低学年の子にとってフルスイングは難しいです。体もできていません。しかしこの感覚を早くに身につけると、有り余る成長があります。子ども達の目標を叶えて上げましょう!!そして、フルスイングこそが最優先すべき野球の最初の技術だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です